• ホーム
  • 塗り薬よりも効果的なジェネリック医薬品プリリジー

塗り薬よりも効果的なジェネリック医薬品プリリジー

相手と話したくない夫婦

早漏は若年層から中高年層まで幅広い年代の、なおかつ日本に限らず世界の大多数の男性が抱える悩みです。
早漏の経験がトラウマになるケースがあり、早漏が治らずに早漏恐怖症となって女性に対して消極的になってしまう場合も少なくありません。
これまでの早漏防止、改善の考え方としては、男性器の亀頭が過敏なためにすぐに強い快感が迫ってしまうという俗説が世の中に広まっていました。
この考え方を基に早漏改善を図るには、亀頭の感覚を鈍くするか、過敏に感じないように鍛えるかという発想になります。
しかし亀頭は本来性行為の快感に敏感な器官であるため、その感覚を鈍らせるということは性行為で得られる快感を求めないことになります。
塗り薬を服用して早漏を改善する方法がありますが、塗り薬が女性の性器にもついてしまうために女性の感覚も鈍らせてしまうというデメリットがありました。
近年の早漏防止、改善の考え方は、ごく弱い快感によって射精してしまうことが早漏の原因であるということです。
アメリカでは神経伝達物質の作用が早漏の原因と認識されており、早漏治療成分である「ダポキセチン」が有効であると立証され、これを配合したジェネリック医薬品が広く普及しています。
ジェネリック医薬品とは効能や安全性が確立された、一般的に広く使用されている医薬品を意味します。
プリリジーは世界初の早漏改善を目的とした内服薬です。
プリリジーが開発、販売される前は肌麻酔の成分が配合された治療薬が一般的でした。
プリリジーは塗り薬ではなく、飲む早漏治療薬であるため、性行為の感覚を鈍らせることなく射精までの時間を延ばす効果があります。
早漏防止、改善に対して大きな効果があると分かり、世界各国で早漏治療薬として認められ、日本では2012年に厚生労働省からプリリジーなどの早漏治療のジェネリック医薬品の輸入が承認されました。

関連記事
早漏改善マニュアル!ダポキセチン含有薬プリリジー! 2020年05月29日

早漏改善に絶大な効果があるとして、話題となっているダポキセチンをご存知でしょうか。ダポキセチンは、もともと効うつ薬のために開発された成分でした。しかし、ダポキセチン含有の薬を飲んでいた患者から、射精時間が長くなったという報告があったことをきっかけに、早漏改善薬に応用されるようになりました。ダポキセチ...

世界一の早漏防止薬プリリジーで敏感さを抑える 2020年05月03日

早漏になりやすいのは、ペニスが鍛えられていない初心者や、興奮しやすい脳を持った人です。最初の頃は、ほとんどの男性が早漏気味だと言われています。ベストタイミングが把握できていませんし、性行為にも慣れていないからです。徐々に慣れてくると早漏は改善されていきますが、生まれつき脳内のセロトニン量が少ない人は...

男性のためのプリリジーとスーパードラゴンスプレー 2020年02月18日

セロトニン・トランスポースターと呼ばれる遺伝子があります。このセロトニン・トランスポースター遺伝子には、脳の興奮を抑制し穏やかな気持ちにさせる神経伝達物質であるセロトニンの伝達に関する遺伝情報が書き込まれています。このセロトニン・トランスポースター遺伝子にはSS型、SL型、LL型の3種類の組み合わせ...

女性の早漏に対する考え方とSSRI薬プリリジーの効果 2020年04月08日

女性の早漏に対する受け止め方は、人それぞれと言えます。各種の情報サイトや早漏防止薬の広告を見ると、「全女性のxx%は早漏を嫌っている」などという記事が出てきますが、信頼できる方法で調査したものはほとんどありません。また数字を見て一喜一憂するのも馬鹿らしいことです。大切なのはパートナーとの相性です。ハ...

日本医師会雑誌で掲載されるプリリジーの効能 2020年03月09日

プリリジーという医薬品は、早漏治療の目的で多くの医療機関で処方されています。早漏の問題は、単に射精に至るまでの時間が短い身体的な不具合だと考えられがちですが、実際は射精にともなう障害は不妊という問題とも深く関連性がある不具合です。その為、この不妊症の改善という観点から、プリリジーの有効性が日本医師会...